アフリカの乗り物☆

こんにちは!ぶんこの日です。
今日も思いつきで書きます(笑)出勤してからブログの日であることを知るのです。決して忙しい毎日は送っていないのですが、気がつくと2週間です。
今日はアフリカの乗り物について語ります。
発表!人が移動に使う乗り物ランキング~(高級な順)inセネガル
第1位 自家用車・・持っている人は、首都や大きな町で働く銀行員や外資系社員、公務員の偉い方たち、NGOで働く人、外国人です。村の道路で1人の日本人がヒッチハイクをしていたら、かわいそうだと思う人、怖い~と思う人、いろいろだと思いますが、半分以上の人が止まってくれます。
第2位 タクシー・・サイドミラーがなかったり、ドアを持ち上げてしめないとしまらなかったり、ガラスがなかったり、あきらかに壊れた音がしてたり、日本で普通に走っている車は見たことがありません。
先ずは人差し指を斜め45度に下ろして、ちょいちょいっとタクシーを止めます。
乗り込む前に交渉です。
外国人には外国人プライスを言ってきますので、
現地語で「わぉ・・たっかいなぁ、私は知ってるんだから、ミルフラン(日本円で200円、価値的には1000円くらい)でしょ?」というと
「アチャ(のれよ)」といってフレンドリーな会話を楽しみながら出発です。これは本当に素敵な例です。
時々、結構まじめなけんかになります(笑)互い必死ですから・・
相手は少しでも高い値段で、こっちは現地価格で!どちらもゆずらない戦いです。「じゃその値段でいいよ!」と言われて乗ったのに、請求してきた額がプラスだった時がありました。警察の方の力を借りる程の言い合いになったときがあります(笑)ちなみに上乗せされた額、40円です。今思うと笑ってしまいますが、あの時は本気でしたから・・(笑)基本的に、だいたい5分話してだめなら「もういい」といって次のタクシーを探します。
第3位 タクシー相乗り・・ガラージュ(駅(車の))で同じ方向に向かう人が集まって4人~5人乗って出発です。交渉の必要があまりないので良いのですが・・一番初めに待ちはじめると果てしない時間との戦いです。
第4位 セットプラス・・8人乗りの車(日本なら6人とされています)で、長距離移動の中では最高級です。こちらもガラージュから出発で、人数が集まった時点で出発になります。一緒に乗った人たちによっては遠足のように食べ物を分け合ったり(楽しい)、政治の話で熱くなったり(眠い)、日本の事を私よりよくしっていたり(辛い)、仕事の話になったり(面白い)、情報交換、意見交換の場所となります。
また、一番前が一番良くて、2列目の両サイド、3列目の両サイド、最後に真ん中といった順番で座っていきますが・・一緒に座る人によっては長距離は過酷です。私が最後の客で、「乗れ」と言われたところを見ると、お金持ち風のふわふわぷるぷるの肉体のおば様2人が隙間なく座っていました。
「え・・」とすでに乗っているお客さんを見ると、全員が、ちょっと笑って気の毒そうだけど、おもしろそうな目をむけています。もちろん、そこに挟まりましたよ。二人の間にお尻を無理やり詰め込んでもお尻がシートにつかない・・両脇のおば様がお尻を上げてくれたのでその瞬間にすっぽり・・息が出来ないような圧迫感、でもなんだか心地よいような感じでした。あったかくて、ふわふわぷにぷに。
なんだか長くなりました・・第5位以下が私が利用した回数が多い為、さらに長くなる可能性がありますので、今日はこの辺で失礼いたします。
次回はこの続き・・
第5位 カール
第6位 馬の荷台
第7位 ロバの荷台
です。
ではまた2週間後
Au revoir!!!

2 comments

  1. トモヤン
    2008年9月27日 at 4:00 PM Reply

    ブログの事、きっと思い出して焦るんだろうね マイペ-スだね君は ロバの背中がよく似合いますよ

  2. ぶんこ
    2008年9月28日 at 9:32 AM Reply

    ともやん様
    いつもコメントありがとうございます。嬉しいです。
    ともやんさんはなんでも見える眼鏡をもっているんですか?想像力が豊かですねぇしかもあたってるし(笑)

コメントを残す