今月のツボ! vol.16 ●眼精疲労● 

こんにちは。
はりきゅうマッサージ師の坂井です。

GWも終わってしまいましたね。
みなさん、今年はどんなGWでしたか?
どこか行楽地や話題のスポットには行きましたか?
私は部屋の掃除と往診などで、ほとんど終わってしまいました。
GW前半は往診の仕事はあまり無かったのですが、GW後半は結構依頼がありました。
みんな遊びつかれてますからね。(;^_^)1日3~4人治療してましたよ。

さて、最近、読者さまからのメールが少しずつ増えてきました。
うれしいです!
みなさん、感想や要望など、メールくださいね~!

それでは、今回はGWでパソコンばっかりやってた人のために、
「眼精疲労」のツボをお送りしますね!
━━━━
【今回のツボ療法】眼精疲労を考える

眼精疲労とは、目の使いすぎが原因で、視力低下、めまい、頭痛、目が痛い、
視界が狭い、視界がぼやける、などの症状が出ることを言います。

対処法としては、しっかりと目を休ませる。
目の周りの血液循環を良くする。
東洋医学でも、西洋医学でも、その基本は変わりません。

西洋医学では目薬などで目の筋肉を和らげ、血行を良くし、
東洋医学では臓器の働きを高め、全体の血行を良くする
という、違いでしょうか。

東洋医学での眼精疲労は、肝臓と腎臓に関係する「血」と「精」の不足である
と考えられています。
そこで、この肝と腎の働きを良くするようなツボを使い、ツボ療法を
おこなっていきましょう!

●太谿(たいけい)
taikei
腎のツボです。
以前、足の冷え性の回に紹介したツボです。
内くるぶしとアキレス腱の間のへこんだところです。
あまり強く押さず、ゆっくりじっくり押してくださいね!

●太衝(たいしょう)
taisyou
こちらは肝のツボです。
これも足のツボです。
足の甲の面で、親指と人差し指の間を、指先から足首に向かって触っていき、
親指の骨と人差し指の骨がぶつかるところです。
ちょうど足の甲の真ん中辺り、靴ヒモで締めるところです。
ここもゆっくりじっくり押してください。
骨と骨の間なので、骨に向かって押すと痛いですよ。
まっすぐ下に向けて押してくださいね!

●攅竹(さんちく)
santiku
これは膀胱経のツボです。
やっと顔のツボが出てきました。
ここはみなさんも無意識に押していると思います。
目頭の内側、眉毛の内側の端です。
わかりやすいですよね。
でも、このツボも眼精疲労なら痛いですよ。
あまり強く押すと痛いので、ゆっくりと揉むように押しましょう。目の周りは、このツボだけではなく、軽めに揉んでくださいね!

今週からまた、通常のお仕事が始まり、みなさんリズムを取り戻すのに、
大変だと思います。
ご自分の体の声を聞いてあげて、ムリはしないでくださいね!

コメントを残す