巻き爪のお話

image1(1)

こんにちは、山岸です。今回は巻き爪についてお話します。

巻き爪の原因の1つに深爪があります。

正常な足の爪は、元々少し巻くように生えていますが、下からこの巻きを押し上げる力が働く事でバランスが取れています。しかし、深爪のように爪が短いと、

【 爪の巻こうとする力 > 爪の巻きを押し上げる力 】

という風に力のバランスが崩れるため、爪が巻いてしまうのです。そして、今まで何もなくても、爪の横幅が広い方、日常的にストッキングやハイヒールを履いている方は、外から圧迫される力が加わるため、突然巻く事があるのでご注意ください。
巻き爪予防するためには、爪の切り方にポイントがあります。巻き爪が起こりやすい親指は、長く四角く切りましょう。爪切りはニッパータイプのものを使って下さい。深爪にならないように、爪の白い部分が少し残るくらいの長さにします。爪の先端をまっすぐに切り、角を少し落とします。親指以外の爪は、爪の形に合わせて、白い部分がなくなるラインまで切って大丈夫です。

巻き爪になってしまうと立ち上がることも苦痛になり、日常生活に支障がでます。切り方1つで予防できる部分もあるので、是非取り入れてみてくださいね。

image1(1)

Comments are closed.