今月のツボ! vol.67 ●鼻水・鼻づまり●

こんにちは。三日月鍼灸指圧院です。
風の冷たい日が続きますね。
うっかり風邪をひいて、鼻の症状にお困りではないですか?
また、そろそろ花粉症の季節ですね。
今月のツボの話は「鼻水・鼻づまり」についてです。
鼻水・鼻づまりの原因は様々ですが、鍼灸の適応となるのは鼻過敏症です。
鼻過敏症というのには3つ種類があります。
①ハウスダスト、ペットの毛などが原因で起こるアレルギー性鼻炎。
②自律神経の調節異常、ストレス、寒冷や香りなどの刺激、点鼻薬の使いすぎが誘発原因となる血管運動性鼻炎。
③アレルギー反応はないが、鼻水の中に含まれる好酸球という白血球が増加して症状が出る、好酸球増多性鼻炎。
花粉症はアレルギー性鼻炎で、風邪は血管運動性鼻炎のことですね。
2011_2メルマガ用
症状を緩和させるツボは
頭臨泣(アタマリンキュウ)
眼の瞳孔の直上で、髪の生え際にあります。
攅竹(サンチク)
眉毛の内側の端にあります。少しへこんでいます。
印堂(インドウ)
眉間の中央にあります。
頭臨泣と攅竹は目頭の方向に、印堂は鼻のつけ根方向に鍼を刺すと効果的です。
もちろん指で押すこともツボ療法となりますので、少し痛気持ちよい位の強さで5秒ほど押し込んで離すことを5~10回繰り返してみて下さいね。

コメントを残す