今月のツボ! vol.60 ●胸焼け●

こんにちは。三日月鍼灸指圧院です。
暑い日が続き、甘いアイスクリームや冷たいビールがとびきり美味しい季節ですね!
ついつい食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしていませんか?
さて、今回のツボの話は「胸焼け」についてです。
油っぽいもの・甘いものを食べすぎたあとにやってくる「胸がチリチリする」
「喉にすっぱいものがこみあげてくる」といった症状を経験されたことがある方も多いと思います。
これは胃酸が食道に逆流することで起こります。
ツボを押して予防や症状軽減をしていきましょう。
●巨闕(こけつ)
koketu
みぞおち(脇腹から肋骨のカーブを左右からたどっていき、たどった指が真ん中でぶつかる所)
から人差し指・中指・薬指の指3本分下にあります。
深呼吸をして、息をはいた時に優しく押し込みます。
●レイ兌(れいだ)
reida
足の第2指、爪の生え際角、第3指側に取ります。
手の親指と人差し指ではさみ込むようにして押します。
●公孫(こうそん)
kouson
足の親指内側の付け根の盛り上がった骨からかかと側に2cm向かった所にあります。
痛気持ちよい位の強さで押します。
ツボ押しの他にも、胃酸が逆流しないように食後1~2時間は横にならないことを心がけましょう。
お仕事が夜遅いなどでやむを得ない場合は、クッションで上半身を少し高くして眠ったり、右側を
下にした横向きの姿勢で眠ると効果的です。
 
また、肥満・便秘の解消や腹部を締め付ける服装を避けることも腹圧を抑え、胸焼け防止につながります。
胸焼け知らずで美味しく食べて、楽しい夏を過ごしましょう♪

コメントを残す