節分の思い出。

こんにちは。
冬本番の2月さすがに朝晩は寒いですね。
寒いのが苦手な、かをるです。
2月の行事といえば節分に豆まきですよね。
あらためて節分て何なのだろうと思って調べてみました。
そんな事は常識でしょ!
と思われるかもしれませんが、恥ずかしながらわたくし
節分の意味をちゃんと知りませんでした。
節分とは、各季節の始まりの日
立春(2/4)・立夏(5/6)
立秋(8/7)・立冬(11/7)
の前日の事で季節を分ける
という意味でもあるそうです。
この季節の変わり目である
節分には邪気(鬼)が生じると考えられていて
それを追い払うために豆まきをするそうです。
と言うことは、本来豆まきは年四回やらないと!!!
豆まきと聞いて思い出すのは子供の頃の思い出。
きっと同じ事をした人はたくさんいるはずです。
豆のあの大きさ・・・。
絶対鼻の中に入れたくなりますよね!
最初は片方の鼻に詰めて、もう片方をふさいで
豆を飛ばして遊んでいたんですが、(笑)
何を思ったか両方の鼻に入れてしまい
取れなくなってしまったんです。(>_<) 親に言ったらすごく怒られると思い、言えずにいて、 必死に取ろうとすればするほど さらにはまってしまい、最悪の状態に。 やっと取り出しに成功したときは 両方から鼻血が(;_;)・・・。 それ以来、豆まきというと その時の事を思いだしてしまうのでした。 良い子はマネしないでね♪

コメントを残す