今月のツボ! vol.64 ●手荒れ●

こんにちは。三日月鍼灸指圧院です。
すっかり寒くなりましたね。これからは乾燥の季節です。指先や手の甲が荒れやすい時期ですので、今回のツボの話は手荒れに効果のあるツボをご紹介します。
皮膚は皮脂膜から保護されていて、角質層から水分が蒸発するのを抑えています。手指の皮膚は頻回の手洗いなどによりこの皮脂膜がはがされ、その下の角質の水分が蒸発してしまい、乾燥してかさかさになります。
このように水分を失い柔軟性を失った皮膚は乾燥状態から角質が硬くなり、亀裂がおき、紅くなり、痒みといった症状が出てきます。
手荒れの原因は洗剤や摩擦などの家事や手先の仕事によるもの、紫外線や気温の外的な刺激があげられます。
●労宮(ろうきゅう)
roukyuu
手のひらの真ん中にあるツボで、親指以外の4本の指を曲げて、握りこぶしを作った時に人差し指と中指の中間にあります。
●陽池(ようち)
youti
手の甲側で手首の横のしわの真ん中のくぼみにあります。
ハンドクリームを塗りながら、滑らせるようにしてツボを刺激すると、気持ち良いですよ。
その他、指先の爪の両サイドはささくれが出来やすいので、念入りに揉みながら刺激して下さいね。
また、水仕事が終わったら、しっかりと水分を拭き取りましょう。お風呂上り・水仕事の前後・就寝前などハンドクリームを忘れないように塗ることが大切です。
鍼灸ではローラー鍼(刺さない鍼)を使った治療が効果的です。
割れて痛い想いをする前に、こまめにケアしていきましょうね。

コメントを残す