今月のツボ! vol.53 ●目の疲れ●

こんにちは。三日月鍼灸指圧院です。
最近少し冷え込みますが、お天気の日はとっても気持ちが良いですよね。
過ごしやすいとパソコン作業も読みかけの本も
ついつい長時間やってしまいがちですね。
今回のツボの話は、そんな長時間使って疲れた目を癒すツボをご紹介します。
眼精疲労とは視作業を続けることにより、
視力減退、複視、眼痛、眼部・鼻根部・前額部の不快感、
頭痛、流涙、めまい、肩こり、悪心、嘔吐などの症状を引き起こす一連の症候群です。
攅竹(サンチク)
眉毛の内側の1番端にあります。疲れた時ここをグーッと押します。
少し痛いかもしれませんが、押した後目の奥が気持ちの良い感じ
がします。攅竹は頭痛にも効果がある場所ですので、頭痛の時もお使い下さい。
santiku
太陽(タイヨウ)
眉毛の外側端と目尻を縦に結んだ線から親指の幅分後ろ、
いわゆるコメカミにあります。
円を描くように押すと気持ちが良いですよ。
taiyou
風池(フウチ)
耳の後ろにある骨の後ろの窪んだ所です。
眼球のある方向に押すと、首の後ろがスッキリして、視界が明るくなります。
fuchi
眼精疲労の予防にもなりますので、お風呂に入っている時や、
夜寝る前など押してみてくださいね!
仕事上パソコン作業が多い方は、ツボの他に
1.パソコン作業
する時、目とモニター画面の距離を40~70cmとし、
画面を見下ろして作業するようにモニターを設置する
2.室内・モニター画面・デスクの明るさの調整をはかり、
差があまり出ないようにする
3.モニター画面に窓からの光や照明の光が映りこまないようにする
4.1時間に数分は目を休める
以上もお試しください。
集中するといつのまにか時間が経ってしまいがちです。目を休める休憩時間を取りながら過ごしましょうね。

コメントを残す