なぜか長いトマト!

今日も野菜な嫁です。こんにちは。
シシリアンルージュというトマトを知っていますか?
「生で食べるなんてもったいない!」というキャッチフレーズの少し長いプチトマトです。詳しくは、こちらをどうぞ。
http://sicilian-rouge.com/
我が家の菜園には、いろいろな野菜が自動的に生えてくる。。。というお話は7月25日のブログでご紹介しました。でも、自動的とは言っても、「今年は植えてないのに」というだけであって、去年やおととしには植えていたわけで。
それが!なんと!
シシリアンルージュ2今年も、去年も、おととしも、今まで一度も植えたことの無い、長いトマトが、なっているではありませんか!そう!まるでシシリアンルージュ!ここは、イタリア、シシリア島か!?
シシリアンルージュ1私は、料理をするときに、トマトの種を取ることはありません。例え料理の作り方に「種は取ります」と書いてあっても、取りません。種があると酸味が増すとしても取りません。なぜなら、めんどくさいからです。それに、なんだか、もったいない気がするからです。
院長の推理では、「トマトと、プチトマトが交配してできたんじゃないか?」との事ですが、真相はわかりません。。。

コメントを残す