今月のツボ! vol.50  ●肥満●

こんにちは。三日月鍼灸指圧院です。
暑い夏になると、半袖、スカート、ハーフパンツと、肌を露出する機会が多くなりますよね。
昨年まではなかったようなお肉が・・・。
そこで今回のツボの話は「肥満」をテーマにしました。肥満とは摂取カロリーと消費カロリーの不均衡な結果、貯蔵脂肪組織が標準より増加した状態をいいます。
肥満と言っても2種類に分けられます。
1つは、身体に湿が貯まった状態のタイプ1の方です。
甘いもの油っこいものが大好き、ストレスなどから食べ物の過剰摂取によって起こり、肥満の他に身体の重だるさ、多汗、便秘、口が乾くといった症状を伴います。
もう1つは、栄養を身体に巡らせる機能が減退して肥満になっている状態のタイプ2の方です。
疲れ、体力消耗によって起こり、肥満の他に無力感、軟便、食欲不振、横になりたがる、息切れといった症状を伴います。
タイプ1の方にオススメのツボは
●豊隆(ほうりゅう
houryuu
高さは膝と足首の真ん中で、かかと立ちしたときに盛り上がる筋肉の外側にあります。
●陰陵泉(いんりょうせん)
inryousen
膝の内側にあります。内くるぶしから骨際を膝に向かって沿って上がります。もうすぐ膝というところで骨にあたり指が止まります。そこが陰陵泉です。むくみの強い人は少し痛いかもしれません。
*身体に貯まった湿を取り除いて、代謝を良くしてくれます。
タイプ2の方にオススメのツボは
●足三里(あしさんり)
asisanri
スネの外側で、膝から下に約6センチのところです。
●関元(かんげん)
kangen
おへそと恥骨の真ん中より約1センチ下にあります。
*弱くなった消化機能を助けてくれます。
ツボ押しだけじゃなくて、普段からストレッチや身体を動かすことを心がけて気や血の流れを良くすることも大切です。
また、「食事を抜いて」や「お菓子がご飯代わり」のような身体に良くないダイエットをして身体も心も弱くなったり、標準体重なのに更に痩せようと無理をすることのないように、身体に優しい肥満解消を心がけましょうね♪

コメントを残す