五月病

関西地方が新型インフルエンザに襲われていると聞き、
その方面へ足を運ぶ機会が多い家族が心配なヒロエです。
とはいえ、新幹線を経由してこちらへ運ばれる可能性もあるので、
自分の心配もしなければなりませんね…
手洗いうがいはシッカリと!ですね。さっそくイソ●ンを買い足さないと…。
ところで5月といえば…五月病。
環境が変わって忙しくなった4月が終わり、楽しみだったGWも終わって、
しばらくは祝日もなく…普段の毎日が続くとなると、ぽけーっとしてしまいますよね。
じゃあ、具体的に五月病の症状ってどんなんだろう。
言われて見ると何となくこんな感じとしかわからない。
うーん気になるってことで、ふと見つけた記事がありました。
そこには上からずらずらと
イラスト付でこんな症状、とあります。
●やる気がでない
●体がだるい
この辺りは思い浮かびますよね。
●靴紐が結べない
●眼鏡が耳にかからない
この辺りは集中できないから、なんですかね?
そんな感じで下に行くと、だんだん怪しい雰囲気に。
●ハ行しか喋れない
●無気力相撲しか取れない
●シャボン玉が吹けない
う、うーん、やる気の低下?
行動が雑になっているのか・・な
確かにシャボン玉は勢い良く吹いても、良くて小さいのが大量に、悪いと石鹸水が飛び散るだけでシャボン玉ができませんね。
大きいシャボン玉を作るには、どれくらいの強さで息を吹き、どの辺りまで膨らんだら離すべきか、
確かに考えが入りそうです。
●口から糸を吐く
なんですって!?

と、読んでいた記事がネタ記事だったことに気付いた瞬間でした…
うーん、集中して読んで損してしまいましたorz
イラストもそれなりにマジメだったので信じてしまいそうでしたよ。
五月病の症状、それはやっぱり「なんとなく」で考えている症状で
あっているようですね。
やる気がでない、やる気はあるのに朝起きられないなど、気持ちと体の空回りがあり、
どんどん不安定になっていくのが五月病のようです。
GW明けから、梅雨に向かう時期のお疲れに、三日月は皆さんをお待ちしております。
体にお疲れが溜まって動けなくなる前に、楽になりにきてくださいね。

4 comments

  1. ヤナセのセンセイ
    2009年5月21日 at 1:53 PM Reply

    5月病は、何でなるんでしょうね?
    私が学生だった頃、東洋医学の先生がこんな話をしてくれました。
    春という季節は、草花が冬の寒さを我慢していたのを一気に放出するかのように、芽吹き始め、自然界に「気」が充満します。
    その「気」は元々植物などが持っていたものはもちろんのこと、空や大地など自然界からもらったものも使って行く。
    ヒトも自然界の一部分なので、「気」を持って行かれてしまう。(本当は貸しているだけなんですけどね)
    特に、疲れているヒトや元々「気」の少ないヒトは、「気」が足りなくなってしまい影響が出てしまう。
    つまり5月病は、東洋医学的には「気虚」という状態なんだよ。
    ということでした。
    たまには、センセイらしいことも書いておかなきゃね(*^_^*)

  2. コシヒカリ
    2009年5月24日 at 9:13 PM Reply

    なるほどぉ~(´O`*)五月病の東洋医学的メカニズム納得です!
    センセイありがとうございました!

  3. ひみつのぶんこ
    2009年5月29日 at 4:53 PM Reply

    こんなに大笑いしたの、ひろえ先生のブログぶりです笑う事も病気にはいいですからね☆ありがとう☆

  4. ヒロエ
    2009年6月2日 at 5:51 PM Reply

    解説ありがとうございます!
    すごくわかりやすいですね・・・「ナルホド」と手を打ってしまいました>w<
    >>ぶんこさま
    ぶんこさまならきっと口から糸を吐けると思います。
    いつもネタな事を考えています。

コメントを残す