面接

こんばんは。三日月院長です。
春ですねぇ。
この3連休。みなさまいかがお過ごしですか?
三日月では3月20日まで、新しいスタッフを募集しておりました。
おかげさまで10名の応募があり、そのうち7名の方を面接させていただきました。
北は北海道から、西は京都まで。
全国あちこちから応募がありました。
少しづつ、全国に「三日月鍼灸指圧院」が広まっていっていることを実感します。
嬉しいです!
全国の鍼灸師が「ぜひ三日月で働きたい!」と言ってきてくれるのが夢でした。
まだまだ少ない数ですが、これからも多くの鍼灸師の目標、憧れの治療院になっていきたいと思います。
ちなみに面接の際、私がとても力を入れていることがあります。
それは、「こんな考えの鍼灸師がいるのか。ここで働きたい!」と思ってもらえるように、面接に来た方に私の「想い」を伝えること。
もちろん、お給料や待遇などではウソはつきませんし、他の治療院のほうが多く稼げるかもしれません。
ただ、
「鍼灸を普及させたい!」
「もっと多くの人に鍼灸の素晴らしさを理解してもらいたい!」
「その為にみんなで力を合わせてがんばってやっていこう!」
「そして鍼灸師の地位を向上していこう!」
と、私の「想い」を熱く語るわけです。
うまく伝わらなければ、こちらが働いて欲しいと思う人が面接に来ても、
「ココじゃ働きたくないな。もう一つの治療院のほうが働きやすそうだ」
と、三日月を選んでもらえなくなるのです。
おかげさまで私の「想い」が通じたようで、無事に採用を決定することが出来ました。
しかし今から考えると、2年前に初めて面接した時はヒドイものでしたね。
面接に来た方よりもこちらが緊張していて、伝えたいことも伝えられず、本当の私の「想い」も伝わらなかったことでしょう。
しかし、その最初の面接をした堺裕恵先生も、今では三日月の古株として大車輪の活躍です。
ありがたいことです。
そして、そんな私の想いを理解してくれた、この春採用の○○先生。
一緒に働けるのを楽しみにしています。
スタッフみんなで、三日月をより良くしていきましょう!
患者様みなさまにも、近日報告が出来ると思います。
新人を温かく見守ってください。
よろしくお願いします!

コメントを残す