今月のツボ! vol.43 ●二日酔い●

こんにちは、三日月鍼灸指圧院です。
今年もいよいよあと1ヶ月を切りましたね。早いものです。
そろそろ職場でも忘年会、そして新年会の話が出ているのではないでしょうか?
飲み会といえば心配なのが…翌日の体調ですよね。
今回は飲みすぎたあなたに送る「二日酔いのツボ」です。
●期門(きもん)
kimon
乳頭の下で、肋骨の際と交わる辺りです。
骨の上ではなく、身体の内側へずらして取ります。(へこみます)
その場所はちょうど肝臓の上に当たりますね。
強く押すと痛いので、ゆっくり押し込んで苦しくない程度にしてください。
すぐ下には日月(じつげつ)というツボがあり、ここも二日酔いに聞きます。
●内関(ないかん)
naikan
手のひら側の手首で、手首のシワから指3本分のところ、腕の中央にとります。
シワから徐々に上へたどっていくと、最初は腱があって硬い感触だと思いますが、
指3本分くらいのところで腱と腱の間に指がスッと入ると思います。
●大敦(だいとん)
daiton
足の親指のツメの生え際で、親指と人差し指の間にあります。
爪楊枝の丸い方などを使って押したり、反対の指で挟みこむように押すと
押しやすいです。
もちろん、飲みすぎた当日翌日だけではなく、事前に飲み会が分かっている場合は

その2~3日前から刺激しておくことで肝臓が元気な状態で飲み会を迎えられます

ツボ押しでおいしく楽しく、そして翌日もスッキリいきましょう!
(もちろん大量に飲むのはダメですよ!)
お風呂の中など、リラックスできる場で軽くチョイチョイと刺激してみてくださいね!

コメントを残す