今月のツボ vol.39  ●お腹下し●

こんにちは。三日月鍼灸指圧院です。
さすがに8月は暑いですね!冷たいアイスやキンキンに冷えた生ビールが最高においしい季節です!
暑くてつい、冷たい飲み物を多くとってしまったり、冷たいものを食べ過ぎたりしていませんか?そんな時お腹が冷えて下痢になった経験があるのではないでしょうか。
今回は「下痢」についてのツボを紹介していきます。
下痢には食べ過ぎや冷たい物の飲み過ぎ、寝冷えなどから起こる一過性のものと、病気の症状(風邪、食中毒などにみられる細菌ウィルスの感染など)として起こるものがあります。急性の下痢で発熱・嘔吐・激しい腹痛・血便などを伴うときは、すぐに医師の診察を受けてくださいね。
今回は食べ過ぎや冷たいものの飲み過ぎ、寝冷えなどから起こる一過性の下痢が対象です。小さなお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで使っていただけるツボをご紹介します。
水分(スイブン)
下痢は便の水分が多くなった状態ですから、それを調節してくれるツボです。
人差し指、中指、薬指の三本をそろえて、おへその上に薬指をあてて人差し指で触れている所が水分です。冷たい物による下痢の場合はホットタオルなどで温めてあげてください。
水分
陰陵泉(インリョウセン)
火は陽で水は陰です。便に水分が多くなることは体の陰陽バランスが崩れているということです。このツボで体の陰陽バランスを整えてあげましょう。
膝の内側にあります。内くるぶしから骨際を膝に向かって沿って上がります。
もうすぐ膝というところで骨にあたり指が止まります。
そこが陰陵泉です。水分と同様にホットタオルで温めてあげるのも良いですよ。
陰陵泉
下痢対策のツボがあるとはいえ、お腹の調子は整えておくのがベストです!
エネルギーは食べるものから取り入れるので、それがおなかで取り込まれないと、どうしても体調を崩しますからね。
夏の日差しを目いっぱい吸い込んだ野菜を食卓に招いて、バランスよく毎日を過ごしてくださいね!

コメントを残す