今月のツボ!  vol.36 ●耳鳴り●

こんにちは。三日月鍼灸指圧院です。
お出かけするのにちょうどいい季節となりました。
朝、窓を開けるとスズメやホトトギスがさえずる声がして
はっとさせられます。
そんな中、突然キーンといった耳鳴りに襲われることは経験のある方も多いと思います。
また耳鳴りになって、放っておいたら、それからずっと耳元で
「蝉が鳴いているような」「ざわざわするような」耳鳴りをお持ちの方も
多いのではないでしょうか。
一言で「耳鳴り」といっても、その原因はさまざまで、はっきりとした原因
があるものと、はっきりとした原因が見つからないものまでいろいろです。
はっきりとした原因があっても、「なぜ(原因が)起こったのか」が解明されていない場合もあります。
今回のツボ押しは主に「耳鳴り」があるが、音は正常に聞こえており、
、疲労時や睡眠不足のときに悪化する(無難聴性耳鳴)方が対象です。
●耳門(じもん)
jimon
顔と耳がくっついているところで、上側の耳の始まりのところです。
指で軽く触れると動脈が拍動しているのがわかります。
少しの力でも鈍痛を感じるので、指で軽くじっくりと押してください。
●聴会(ちょうえ)
tyoue
耳たぶの前で、口を開くとカポっとへこむところに取ります。
親指でじっくり押しましょう。
●風池(ふうち)
fuuti
耳たぶの後ろを触れると丸い骨が触れます。そこから少し後ろ、髪の毛の生え際に、
くぼみがあります。そこが風池です。下から斜め上に向かって押すと気持ちよく感じる場所です。
いきなり強く押すと刺激を感じやすいので、じっくりゆっくり押し込んでみてください。
親指で充分に押すことが出来ますが、先の丸いもので押してもよいですね。
耳鳴りと同時にめまいがしたり、今までなったことがないのに、
突然回りの音が聞こえにくくなるような耳鳴りがしたときは、
急いでお医者様へ行ってください。
耳鳴りに対する処置は早ければ早いほど、完治する可能性が高いです。
ツボ押しは、もうずっとこんな状態…という方にオススメの方法ですので、
今日突然に…というときは、まずお医者様の診察を受けてくださいね。

コメントを残す