今月のツボ! vol.15 ●不眠症●

こんにちは。
はりきゅうマッサージ師の坂井です。

今日は埼玉では30度近くまで気温が上がるようです。
もう夏ですかね?

さて、もう5月ですね!
みなさまGWはいかがお過ごしですか?
私は昨日、妻と潮干狩りに行ってきました。
子供連れの家族が多くて、すごく混んでましたよ!(^_^;)
でも久々の潮干狩りは楽しかったです。
とれたてのアサリで、昨夜はアサリバターを美味しくいただきました。

今回はGWで、いつもの生活リズムが崩れると思いますので、
不眠症のツボ療法をお送りいたします。

━━━━━━
【今回のツボ療法】不眠症を考える

今回は不眠症です。
不眠症には機会性不眠と神経性不眠があります。
簡単に言えば、生活リズムの変化などで眠れなくなるのが機会性。
心配や不安が多くて眠れなくなるのが神経性です。

どちらも、精神的興奮を鎮静させ、心身ともにリラックスさせることが重要です。
西洋医学では薬なども処方しますが、あまり薬やお酒に頼ってはいけませんよ!
入眠には効果的ですが、眠りが浅くなってしまい、
寝ていても疲れが取れにくくなってしまいますからね!

●百会(ひゃくえ)
hyakue
督脈経のツボです。
督脈とは、おもに体の背面の中心を縦に脊柱に沿って通る気の流れです。
特に臓器には属してはいなく、体全体を調節する流れと言えば、わかりやすいでしょうか?

頭のてっぺんのつむじ近くです。
ちょうど頭からヒモで吊るされていると思うと、わかりやすいと思います。
その近くで痛いところはありますか?
それが百会です。
ここは自律神経などを調節したい時に良く使います。
ゆっくりと3~4秒かけて、何回か押してください。

●天柱(てんちゅう)
tentyuu
膀胱経のツボです。
このツボは経絡というより、筋肉や血流に関して考えます。
頸の周りの筋肉をほぐして、血行を良くすることによって、脳に血液や酸素を多く供給し、リラックスするということです。
頸の後ろ、髪の生え際です。
背骨の真ん中から外側に1センチちょっと。
ちょうどへこんでいて、押すと痛かったり、気持ちの良いところがあるはずです。
そこが天柱です。
じっくりと押してください。
軽くさする感じでも気持ちよいと思いますので、あまり強く押さないでくださいね。
強く押すと、揉みかえしになりやすいツボなのですよ。

両方ともなるべくリラックスして押してください。
でも不眠症の改善は、基本的には生活リズムの徹底です。
みなさん、早寝早起きをしましょうね! 

コメントを残す