今月のツボ! vol.13 ●手の冷え性●

こんにちは。
はりきゅうマッサージ師の坂井です。

先週はゲルマニウム温浴に行ってきました。
ここ最近、流行っているゲルマですが、
私も今度開業する自分の治療院に導入したいと思い、
ゲルマニウム温浴に行ってきました。
手足温浴で手足もポカポカになり、冷え性にも効果ありでした。

さて今週は前回の予告通り、手の冷え性のツボ療法を
お送りいたしますね!
ゲルマも良いですけど、ツボ療法もなかなかいいですよ~!

━━━━
【今回のツボ療法】手の冷え性を考える

前回も冷え症について書きましたが、
基本的に代謝と血行が悪く、温かい動脈血が末端まで回らないと
手足が冷えてしまいます。

そこで、しっかり体を動かし、水分を多めに取り、血行を良くする様に
心がけましょう!
手足を冷やさないようにしたり、体を温める食材(ニンニクやショウガなど)を多めに摂ったり、
逆に体を冷やす食材(ビールや生野菜)をあまり摂らないのも重要です!
もちろんお灸もいいですよ!
それ以外にはゲルマやツボ療法をやってくださいね!

●内関(ないかん)
naikan
心包経のツボです。
心包経とは、心臓を守る役割をする気の流れとでもいうのでしょうか。
心や血にかかわることが多く、東洋医学では現代の心臓病としている多くのものを、心包経の病と位置づけています。

手首を曲げて、その内側のシワの真ん中から、肘に向かって約3センチ。
ちょうど外側のトウ骨と尺骨の間になります。
あまり強くなくて良いですから、じっくりと押してくださいね。

●太淵(たいえん)
taien
肺経のツボです。
同じく手の内側にあり、手首を曲げて出来るシワの親指側。
よく、脈拍をはかる場所です。
動脈拍動部ですからわかりますよね。
ここもじっくりと押してください。
ここで血液が温まると、手の指先まで温かい血液が回りますからね!

どちらのツボも手首の近くですので、やりやすいと思います。
それから、どのツボを押す時も、それぞれの症状に「効くんだぞ~!」
と思いながら押すと、さらに効果が高いですよ!
この夏はクーラーに負けないようになりましょうね!

コメントを残す