今月のツボ! vol.12 ●足の冷え性●

こんにちは。
はりきゅうマッサージ師の坂井です。

この週末は起業セミナーというものに参加してまいりました。
みなさん起業に向けていろいろと考えているようで、
かなり刺激を受けました。
私も開業に向けてがんばらねば!という感じです。

さて、その際にお会いした女性で、東洋医学に興味を持ってくれた女性がいました。
どうやら彼女は冷え性らしく、冬の間は足が冷えて眠れなかったそうです。

そこで今回は、足の冷え症のツボをお教えいたしますね!
━━━━━━━━
【今回のツボ療法】足の冷え性を考える

冷え性。
実は私も手足が冷えます。

冷え症の原因は血液の循環不足。
温かい血液が心臓から出て、手足の末端に届くまでに
冷えてしまったり、うまく末端まで回っていないと起こることなんですね。

なぜそうなるのか?
それは、内臓の温度が低く、その近くを血液が通る時に、
血液の熱を奪ってしまうと言うことがあります。
また、手足の末端の筋肉の力が弱く、血液をしっかりと心臓に戻せないと
末端で滞ってしまいます。
そうすると、新しく温かい血液は末端まで来れませんよね。
それで冷たくなっていくのです。

解消法はしっかりと手足を動かすこと!
それから内臓温度を高めるために、腹筋をすること!
ってことは、ちょっと大変ですよね。(^_^;)

そこでツボ療法を使って、ポカポカになりましょう!

●太谿(たいけい) 
taikei
腎経の重要なツボです。
内くるぶしの後ろ、アキレス腱との間です。
動脈が通っているので、拍動を感じるはずです。
ツボとしては見つけやすいと思います。
この、足首周りにはリンパもありますので、あまり強く押すのではなく、
じっくりと押し、揉むようにしてください。

●湧泉(ゆうせん)
yuusen
これも腎経の重要なツボです。
足の裏で、足の指を全部曲げた時に一番へこむ所です。
人差し指と中指の下、2~3センチくらいでしょうか。
ここは結構痛いですよ!
リフレクソロジーとかでも重点的に施術する場所です。
痛いですけど、名前の如く、「押せば命の泉湧く」って感じで、
気持ちのいいツボですから、しっかりと押してくださいね!
冷えにはもちろん温めることが大事です。
お灸もぜひやってくださいね!
芯から温まりますよ!

コメントを残す