今月のツボ! vol.10 ●便秘●

こんにちは。
はりきゅうマッサージ師の坂井です。

最近東洋医学が見直されてきています。
LOHAS(ロハス)という言葉が流行り、
エコやオーガニック、玄米食などの体にいい食べ物、
ヨガや漢方、鍼灸などの代替医療などがブームになりつつあります。

漢方や鍼は専門家でないと出来ませんが、薬局で売っている簡易お灸なら、
みなさんも自宅でできるんじゃないかと思います。
そう考えて、現在、お灸を普及させようと目論んでいます。
治療の際もなるべくお灸を使うようにして、お灸の良さを知ってほしいと思っています。
実際、治療の効果もありますしね!
ちなみにお灸の成分が白血球に働きかけ、
白血球を増加させて免疫力を高めると言われています。
みなさんも試しにいかがですか?

━━━━
【今回のツボ療法】便秘を考える

ロハスな食事をしている方は大丈夫かもしれませんが、
最近の人たちは
1、運動不足
2、食事の繊維不足
3、水分摂取不足
4、ストレス
などで、便秘の方が多いそうです。

便秘の理由は腸の活動が悪いこと!
便秘薬にたよらずに、適度な運動、野菜と水分を多く摂り、
ちょっと自分でツボ療法して、頑固な便秘とお別れしましょう!

●『天枢』(てんすう)
tensuu
胃のツボの流れです。
おへその横、2~3センチです。
左右で痛さや硬さが違うかもしれません。
特に左は大腸の近くですからね。
便秘ならなおさら痛いかも。

●『大巨』(だいこ)
daiko
これも胃のツボの流れです。
上の「天枢」から下に2~3センチ。
ここは特に左が効果的です。
天枢よりも痛い人が多いはずです。
私の患者さんもいつもここを痛がります。

●『合谷』(ごうこく)
goukoku
前回出てきた大腸のツボです。
手の甲の親指と人差し指の間。
ここは痛いですよね。
上記のツボだけではありませんが、
便秘の時の代表的なツボです。
しっかりツボを押して、揉んでください。
もちろんお灸もいいですよ!
お灸をやる際には火傷に気をつけて、説明書通りにやってくださいね!
この機会にぜひお灸をお試しください。

コメントを残す