今月のツボ! vol.9 ●肩こり●

こんにちは。
はりきゅうマッサージ師の坂井です。
この週末に妻と一緒にリフレクソロジーの講習会に行ってきました。

そこで聞いた話で印象的だったのが、「日本人の一番の悩みは肩こりである」
(厚生労働省調べらしいです。)ということでした。
リフレクソロジーって足裏治療なのに・・・。
と思ったら、そこの学校では整体として肩の施術のコースもあるようでした。
なるほど、そのコースを売り込むのか。と納得したのであります。

ちなみに私は鍼・灸・マッサージの3つの免許を持っていますので、
整体学校には通わないですけどね。

それで今回は、「日本人の悩み」肩こりのツボ療法をお送りします!

━━━━━━━━━
【今週のツボ療法】 肩こりを考える

肩こりの方って多いですよね。

私も患者様によく「先生も揉んでばっかりだと自分も肩が凝るでしょう?」
と聞かれるのですが、実はあまり肩こりはありません。
マッサージなどではつねに手を動かしていますからね。

それよりもパソコン仕事をした時のほうが肩は凝りますね。
ですから私の患者様でも、パソコンの仕事をされている方は、肩こりがひどいようです。

肩こりの時って自然と肩に手を置いて、押したり揉んだりしますよね。
直接肩にあるツボの紹介もつまらないので、今回は手にある、肩こり用のツボを紹介しますね。

まず、肩こりは肩周りの血行不良で起こります。
筋肉は緊張しているのに動かさないでいると、筋肉中に乳酸などが溜まり、
それが痛みの原因となります。
それで肩こりを感じるようになるのです。
解消方法はしっかりと動かして、血行を良くしてあげる事。温めたり、ストレッチなどが効果的です。
シップや塗り薬もいいですが、一時的なものですからね。

●『合谷』(ごうこく)
goukoku
かなり有名なツボです。
手の甲、親指と人差し指の間の盛り上がった部分です。
このツボは「大腸経」のツボです。
ツボの流れが手から始まり、肩を通って鼻まで流れます。
ですから鼻炎などの鼻症状にもいいですよ。
もちろん大腸経ですので下痢や便秘などにも効果的です。
かなり痛いと思いますが、しっかりと押してください。
だんだんと痛みが和らいでくると思います。

● 『手三里』(てさんり)
tesanri
このツボも大腸経なので、効果は合谷と同じです。
肘を曲げ、肘のシワの外端から上記の『合谷』の方向に向かって手首側に4センチくらいのところです。
その近辺を押してみてください。
痛いところはありますか?
このツボはテニスエルボーにも有効なツボです。
テニス好きの方は覚えておいた方がいいですよ!!
肩こりの時は直接肩を揉みたいところですよね。
今回のツボは、仕事中などあまり派手に出来ない時などにお勧めします。
少しはラクになると思いますよ。(^-^)

コメントを残す