逆子に悩む妊婦さんのためのホームケア

逆子ホームケア

こんにちは。裕子です。

三日月のホームページにたどり着く方の検索キーワードで多いものの中に、「逆子 鍼灸」があります。妊娠後期、お医者様に「逆子」と診断された妊婦さん、

「逆子体操つらい。。。」
「ただでさえ出産大変なのに、逆子のままで産むのかなぁ。」
「このままじゃ帝王切開かもしれない。」

などなど、いろいろなご心配をされていると思います。

でも多くの方が、
「体操をやってみて、それでもだめなら、最後の手段で鍼灸を試してみるか!」となる方が多いので、かなり妊娠週数が進んでからご来院されます。。。28週から33週の間が効果的なのですが、33週を過ぎてからご来院される方が多いのが残念です。

もっと早くにご来院下されば成功率も高いのに・・・と思いつつも、三日月の鍼灸師の先生達は治療を頑張り、100パーせーントとは言えませんが、なかなかの結果を出しつつあります。

お腹の中の赤ちゃんが逆子なのには赤ちゃんなりの理由があります。ママのお体が冷えていたり、ストレスたまっていたり、疲れていたり、、、三日月では、その根本原因を探り、ママのお体が元気で良い状態になる治療をまず行ないます。そして、血流を促し、お腹の赤ちゃんが正常な頭位になるための胎動を促します。そして「逆子に効く特効のツボ」にお灸をします。

でもやっぱり、たった一度の治療より、おうちで続けて頂く事で効果がより高まるのです。

逆子体操、おうちでのお灸、はもちろんですが、意外と大切なのに、あまり気にしてもらえてないなぁと言うのが、日々の過ごし方です。食事や飲み物の摂り方、服装、早寝早起きなど、基本的なことですが、実はとても大切です。

そんな、「おうちで続けて欲しいホームケア」を逆子治療にいらした妊婦さんにお渡ししています。一人でも多くの妊婦さんの出産が、ご自分で納得の行く形で迎えられますように。「素晴らしかった!」と感動できる出産体験となりますように。

逆子ホームケア

コメントを残す