染の小道

裕子です。先日、お休みを頂いて、東京は落合・中井の染の小道というイベントに行ってきました。
落合・中井は昔、染物の街として知られていたそうです。
それを、再び日本や世界へ発信すること、そして、地元の活性化につなげること
を目的とした、住民主体のイベントとの事。
駅につくと、平日の午前中だというのに人だかり。
大学生と見えるボランティアの人たちの声かけで、小学生たちが川に布をかけています。
染の小道3
うーん、なかなかの見ごたえ。
私が子供の頃、母は和裁(着物を縫う)の仕事をしていて、
家にはいつも色鮮やかな反物がありました。
そんなことを思い出しながら川沿いを歩き、とある店へ。
このイベント中、個人のお宅もお店を出したりしています。
染の小道1
この額。素晴らしいと思いませんか?ペーパークイリングという技法で作られています。
拡大するとこんな感じ。なんと、繊細で緻密で、それでいて大胆な。いくら見ていても飽きません。
染の小道2
実は、私の友人の作品です。お店には、この技法を使ったかわいらしいアクセサリーが並んでいます。
どれにしようか悩んでいると、「ゆうこちゃん!」と声をかけられ、友人と久しぶりの再会。
悩んだ末に、髪を留めるアクセサリーを購入させてもらい、お茶をいただきながら、話に花を咲かせました。
彼女は、A.S.Pというブランドで、作品を実際に店舗で販売しているプロ。
書店に並ぶ本にも掲載されたりしている、売れっ子の作家さんなのです。
お茶を飲みながら聞いた話は、彼女のこれまでのいきさつや、苦労話、そして、これからの夢。
控えめな彼女の笑顔の裏には、強い想いや、仕事へのプライド、お客様や作品を大切にする心が
感じられました。それは、とてもすがすがしい風のように私の心を通り抜け、
なんともいえない爽快感をもたらしてくれました。
そして素直に「私もがんばろう。」と刺激を受けました。
その刺激を忘れないように、今も、彼女作のヘアゴムが私の髪を飾っています。
仕事中もつけていますので、こっそり見てみて下さいね。

2 comments

  1. ai
    2013年3月6日 at 10:35 PM Reply

    わーっ
    ブログに載せて頂いて、ありがとう♪
    褒められ過ぎて、はずかしいー(^^ゞ
    久しぶりに会えた時間は、
    とってもあたたかな時間になりました。
    またゆっくりお話したいね*
    お時間ある時に、また遊びに来てね(*^_^*)

  2. 2013年3月7日 at 11:14 AM Reply

    aiちゃん、コメントありがとう。
    そして、先日は有意義な時間をありがとう。
    次のイベント準備で忙しい事と思うけど、
    ひとつひとつの作品を大切に、
    その思いを大切に、
    そして体を大切に
    家族を大切に。
    また、時間作って会いに行きます。
    こちらにもぜひ遊びに来てね。

コメントを残す