今月のツボ! vol.81 ●更年期障害●

こんにちは。三日月鍼灸指圧院です。
春らしく、暖かな日々が続くようになってきましたね。
お天気がいいとつい散歩をしたくなってきます。
さて、今回ご紹介するのは更年期障害に効くツボ。
「更年期障害」は40代から50代の女性に多く見られるもので、
閉経に伴い、女性ホルモンの分泌が低下することによって起こります。
症状は、頭痛・頭重・動悸・冷え・のぼせ・疲労感など様々です。
血海(けっかい)
kekkai
膝蓋骨(ヒザのお皿)の内側の角から指幅3本分上にあります。
血の巡りを良くし、全身の様々な症状を緩和させます。
胞肓(ほうこう)
houkou
仙骨(尾骨の上の平らな骨)にある上から2番目のくぼみから、指幅3本分外側にあります。
冷えとだるさに効くツボです。
明らかな原因が見えないため、不定愁訴(ふていしゅうそ)といわれる症状が多い更年期障害。
しかし、本人としてはとても辛いものですよね。
少しでも症状が和らぐよう、こまめにツボ押ししてみましょう!
自分では押しづらい胞肓(ほうこう)は、旦那様やお子さんに押してもらうといいですよ♪

コメントを残す