今月のツボ! vol.73 ●口内炎●

こんにちは。三日月鍼灸指圧院です。
今年のお盆は猛暑のお盆になりそうですね。
三日月はお盆も休まず営業中です。お疲れの方はぜひどうぞ♪
さて、今回は口内炎がテーマです。
口内炎とは文字通り、口の中の粘膜に起こる炎症のことです。
表面が白っぽく窪みがあり、周りが赤くなっている潰瘍は一般的に出来やすいもので、「アフタ性口内炎」といいます。
硬い歯ブラシで口の中を傷付けてしまったり、食生活の乱れで胃腸の調子が悪かったりすると出来やすいです。
ストレスを多く感じる生活も原因の1つと考えられます。
口内炎に効果のあるツボが以下の2穴です。
温溜(オンル)
onru
手の甲側。
手首の親指側の端と、肘を曲げて出来たシワの外端を結んだラインの、真ん中にあります。
地倉(チソウ)
tisou
口角から1cm外側にあります。
口内炎にならないようにするためには、「歯磨きを毎食後、丁寧に行い、口の中を清潔に保つこと」、「口の中が乾燥すると粘膜に傷がつきやすいので、口をゆすぐなど潤いを保つこと」、「ビタミンB2(豚肉・アーモンドなど)やビタミンB6(バナナ・カツオなど)は粘膜の健康と強化に欠かせないビタミンなので、意識して摂取すること」を心がけましょう。

2 comments

  1. \(^o^)/
    2011年8月25日 at 11:17 PM Reply

    勉強になりました(^◇^)

  2. みかづき
    2011年9月14日 at 11:19 AM Reply

    お役に立ててうれしいです!(^_^)v

コメントを残す