Q&A

鍼灸マッサージ治療についてよくある質問とお答えです 

Q1. 鍼灸ってどんな症状に効くの?

肩こりや腰痛、冷え性などに鍼灸が良いというのは最近雑誌などでよく取り上げられています。他にも頭痛や眼精疲労、しびれや神経痛、膝関節痛耳鳴りやめまい、「なんとなく身体がだるい」「頭が重い」「胃が重い」「お腹の調子が良くない」などの「不定愁訴」にも鍼灸が効くとされています。また妊婦さんのつわりや逆子、冷え性腰痛など「つらいけれど薬は飲みたくない、飲めない」場合でも鍼灸の施術は受けられます。(体調により受けられないこともございます。)さらに、お顔の気になるたるみやしわ、円形脱毛症も鍼灸で改善することができます。肩こり、腰痛、膝痛、五十肩はもちろん、寝違え、ぎっくり腰、神経痛や生理痛、それから円形脱毛症や逆子にも効果ありです。スポーツ障害や捻挫などにも効果があります。

Q2. 鍼って痛くないの?

全く痛くないと言えば嘘になりますが、ほとんどの方が「思っていたよりも痛くなかった」とおっしゃいます。毛抜きで毛を抜く位と言えば分かりますでしょうか。痛みを感じる場合には二通りが考えられます。一つ目は、刺した瞬間の痛みです。これは、皮膚表面に無数に存在する痛点に鍼を刺した時に起こります。鍼治療用の鍼は、髪の毛よりも細い直径0.16ミリで、その先端は、痛点に触れないほどなのですが、まれに、痛点にあたってしまうことがあります。痛点の一つ一つはとても小さいため、目で見たり手で触れたりして見つけることはできません。鍼を刺した瞬間の表面的な痛みは通常すぐにおさまるものですが、鍼を刺した後も痛みが続くようでしたらすぐに刺し直しますのでお知らせ下さい。二つ目は、鍼を刺した部位の奥の方がズーンとするような痛みです。これは、表面の筋肉から深い層の筋肉に鍼を入れたときに起こることがあります。はり治療特有の「響き」というものです。響きが強すぎる場合は少し鍼を浅くして刺激の量を調節しますのでお知らせ下さい。また、筋肉に力が入っていると痛みを感じやすくなります。なるべく呼吸を深くゆっくりしリラックスを心がけてください。「はり」と言うと、注射針や縫い針をイメージしてしまい、みなさん怖がってしまいますが、私もそんなに太い針は怖いです。(笑)ちなみに最近開発された痛くない注射針は直径0.2ミリらしいですよ。

Q3. お灸って熱くないの?

お灸にもいろいろな種類があります。昔ながらの皮膚に直接のせる「透熱灸」や、直接肌に触れない「せんねん灸タイプ」、さらに棒状の灸を患部に近づける「棒灸」もあり、患者様の症状や希望によって使い分けます。

Q4. マッサージと指圧の違いは?

マッサージは血行を良くして疲労物質を除去するもので、指圧はコリを揉みほぐし、身体の反射を促す考えです。実際の治療では特に分けて考えずに、両方取り入れて使っています。オイルマッサージは、リンパの流れを良くして老廃物を除去したり、ムクミを取ったりするためにおこないます。

Q5. 鍼灸をやって、余計に悪くなる事は無い?

すべての治療について言えますが、刺激を与えすぎると逆に痛くなることもあります。揉み返しや鍼返しと言われるものです。これとは別に、施術後に感じる重だるさや倦怠感のこと免眩反応(めんげんはんのう)と言いますが、これは、身体が好転する過程で起こる正常な反応であり、翌日にはなくなります。数日間も続けてだるいということはありません。免眩反応が強く出すぎないために、治療当日は、長風呂・深酒・激しい運動はお控え下さい。刺激量の調節については施術者にご相談ください。
また、その日の体調により、「いつもの治療」が「やりすぎ」になってしまう事もございますので、体調に不安がある方、風邪を引いていたり、熱がある場合は受付で必ずお伝え下さい。刺激量を調節させて頂いたり、熱や風邪に対しての治療を加えたりさせていただきます。体調があまりに悪い方は当日の施術をお断りする場合もございます。あらかじめご了承ください。

Q6. 鍼って使い捨て?

はい。当院では滅菌処理された「使い捨て鍼」を使用しています。他の患者様に使用した鍼を使いまわすことは絶対にありませんので、鍼から感染の可能性は皆無です。

Q7. 妊婦でも大丈夫?

もちろん大丈夫です!妊婦さんは、足や腰に負担がかかって、大変ですよね。当院では、妊婦さんにとって無理のない姿勢や内容で施術を行うことが出来ます。体調や経過により、受けられるコース、時間が異なりますので、妊婦様専用コースのページをご覧の上、ご予約の際は必ず妊婦様である事をお伝え下さい。

Q8. 保険って使えるの?

交通事故の保険については、鍼灸治療にてお取り扱いしております。健康保険については、鍼灸やマッサージの治療で取り扱いできる症状もあるのですが、医師の同意が必要であり、治療できる内容に制限があります。当院では患者様の不調に耳を傾け、最適、最善の治療をしたいと思っています。そのため、お時間をいただき、全身を施術することにより、痛みの原因を探してく必要があるのです。健康保険内の治療ではこのような治療が出来ないため、当院では健康保険の取り扱いはいたしておりません。ご了承下さい。

Q9. 電気治療って何?

一般的な低周波治療器から、医療用干渉波治療器、鍼に電気を通すパルスなどがあります。ぎっくり腰など、急に痛くなって、マッサージをしても響いて痛い時などに使用します。

Q10.どんな服を着ていけばいいの?

リラックスしやすいようにゆったりしたお洋服でお越し下さい。 お着替えをお持ちいただいても結構です。 施術が難しいお洋服をお召しの場合はお着替えも無料でご用意しています。 

その他にも、症状や治療法など、質問・疑問のある方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。メールでお答えもしますし、このホームページやメールマガジンでも取り上げていきたいと考えています。みなさまからのメールを楽しみにお待ちしています。ご質問はこちらへ・・・