026048_R

交通事故に合われ、むちうちで辛い方へ

交通事故でむちうちや腰痛になられた方、つらいですよね。交通事故にあわれた場合、自賠責保険(自動車賠償責任保険)による鍼・灸・マッサージ治療を受けることができます。ご相談下さい。

治療をご希望の方は、当院までご連絡の上、相手方の損害保険会社の、

①担当者のお名前
②連絡先

をお伝え下さい。それ以降のお手続きは、当院で行います。自賠責保険が適用されると、患者様の治療費の負担はありません。

もしも、事故に遭ってしまったら早急に病院を受診し、交通事故にあったことを伝えてください。事故直後は、事故による緊張やショックのため、怪我をした箇所の痛みや違和感を感じる事ができず、数日して気分が落ち着いた頃から、体の不調が出て来る場合が多くあります。

通常、事故後1週間程度であれば交通事故による痛みと認定されますが、事故後1ヶ月を経過しているようなケースでは事故との因果関係を証明しにくくなりますので、少しでも痛みや不調を感じられたら、できるだけ早く受診されることをお勧めします。

yoyaku

Q1. どのような治療を行うのですか?

当院では、一人ひとりの症状に合わせ、鍼・灸・マッサージによる治療を組み立てていきます。物理・理学療法ですので副作用がなく、再発しにくい点でも優れています。東洋医学的な考え方では、交通事故の強い衝撃によって崩れた体の気血・経脈・肝腎の臓腑のバランスを整えます。

Q2.複数の治療院・病院をを併用しても大丈夫ですか?

整形外科で温熱、電気、牽引などの物理療法をお受けになっている方も、鍼灸指圧院での治療を併用することにより効果を高めることができます。当院で交通事故の治療を受け、月1回程度、病院で回復度合いを検査してもらう患者様も大勢いらっしゃいます。

Q3. どの位の頻度で通えば良いですか?

自賠責保険での鍼灸(はり灸)・マッサージ治療の回数制限はありませんので、1日1回であれば毎日通っても問題ありません。早期改善のためには、痛みの辛いときや調子の悪いときは、なるべく続けて通院されることをお勧めします。

Q4.保険会社の方から、「鍼灸治療は認められない。」と言われたのですが?

鍼灸治療も認められます。交通事故の場合には、「自由診療」といって被害者が治療方法を自由に選択できる権利があります。もちろん、自由といっても国が認めた保険医療機関になります。「はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師」は厚生労働省より認可された国家資格であり、当院は医療機関として認可されております。どこで治療を受けるか、どの治療を選択するかによって、その後の日常生活にも大きな影響がありますので、ご自分に合った治療方法をぜひご検討下さい。

Q5. 今の病院から転院できるのですか?

できます。被害者が治療方法を自由に選択できる権利がある「自由診療」については、前述のとおりです。保険会社の方に転院する旨をお伝え下さい。その際に、当院へもご連絡いただけるようお伝え下さい。損保会社から通院記録の照会など、書類提出の依頼があれば、後日、書類を提出いたします。通院した日付を正確に損保会社に報告しておいてください。不正行為には協力しませんが、不正行為をチェックする業務には協力します。結果的に不正行為とならないよう、正確に申告してください。

Q6. 保険会社の方から、「自賠責で治療するには、医師の同意書が必要。」と言われたのですが?

必要ありません。自賠責保険による全額負担の治療は、健康保険と違い、医師の同意書なしで鍼灸マッサージ治療を受けることができます。

Q7. 保険会社の方から、「今月で終了して下さい。」と言われたのですが?

保険会社の方から中止させられることはありません。痛いのはご本人です。しかし、治療が長期にわたると「そろそろ中止して示談しませんか」というお話は出るかもしれません。そうならないためにも、早めに治療して良くなりましょう。もし、保険会社の方にそのようなことを言われた時にはご相談下さい。

Q8. 仕事が忙しくて/子供が小さくてなかなか治療に通えないのですが?

お仕事がお忙しい方、またお子様が小さくてなかなか治療に通うのが難しい方もいらっしゃると思います。しかし、交通事故の場合は、将来的に後遺症が出たり、補償の関係もありますので、できる限り通院されることをお勧めします。通院があまりに少ないと、保険会社の方は「治療しなくても大丈夫なんですね。」と判断すると思います。当院は予約制のため、待ち時間なしで治療を行うことができます。お忙しい方も時間を気にせずご来院していただけます。また、お子様連れの方は、防音の個室で治療を行う事もできます。ご相談ください。

Q9. 傷害保険や、任意保険などによる治療はできますか?

当院までご相談下さい。当院より、保険会社に問い合わせいたします。

yoyaku