ハンカチ持参で社会貢献?!

ボキン

こんにちは。裕子です。

当院では、2017年8月より、施術ベッドの顔の部分に使い捨てのフェイスペーパーを使用しています。衛生面の観点から、以前より使い捨てのフェイスペーパーの導入を検討していたのですが、肌触りがガサガサとして品質に納得できるものが見つからず、タオルと手拭いのどちらか
からお好きな物を選んで頂いてました。

今回、何種類もサンプルを取り寄せ、その中から納得できる品質の良い物が見つかりました。肌触りだけでなく、呼吸のしやすさ、お顔への跡の付きにくさなどもとても良く、今までのタオルや手拭い以上に快適に施術を受けて頂けるようになったと実感しています。

でも、、、次に気になって来たのがゴミの多さです。お一人ずつ使い捨てとなると、なかなかの量になります。環境への負荷が気になります。一枚のフェイスペーパーはほんの少しの量ですが、これが1カ月、一年となると、大量になります。何か良い考えはないか、、、考えました。

そこで、「みなさまにご自分のハンカチやタオルのご持参をお願いしてみよう!」という考えにたどりつきました。ご自分のハンカチやタオルをご持参頂きましたら、フェイスペーパーの使い捨てを一回分節約できたとして、頂戴した施術料から1回につき10円を募金させて頂きます。社会に役立つ活動のため「白岡市社会福祉協議会」http://www.shakyo.or.jp」に寄付させて頂く予定です。募金箱を受付に設置させて頂きました。

でも「ハンカチ持って来るの忘れちゃった!」とか「今日はもうタオルで汗ふいちゃったからフェイスペーパーがいいな。」という場合もあると思いますので、もちろん遠慮なくお伝え下さい。無理しない。でも、私達に出来る事。少しずつでもやれたら良いなと思っています。趣旨にご賛同頂けましたら、皆様のご協力をお願いいたします。寄付の際には、三日月新聞紙面やブログなどでお知らせ致しますね。
ボキン

Comments are closed.