夏の熱いお茶

お茶

こんにちは。裕子です。今日は、三日月で施術後に出している温かいお茶のお話です。

三日月では、施術の後に温かいお茶をお出ししています。血行が良くなった施術後は、老廃物が身体の外へ出やすい状態になっていますので、水分を摂って頂くことで、身体がより早く快復する事を促しています。

では、どうして夏でも冷たい物ではなく、温かい物をお出ししているのでしょうか?

冷たい物は胃腸の働きを鈍らせてしまいます。消化機能が衰えると、食欲不振になり、食事量が落ちてしまいます。すると、必要な栄養を摂取する事ができず、夏バテになっていまします。また、消化するために、余計なエネルギーが必要になってしまうため、胃もたれ・胃痛といった不快な症状を招くだけでなく、疲れやすく回復しにくい身体になってしまうのです。

本当は、「日頃から冷たい飲み物は控え、なるべく温かい飲み物を摂って頂きたい。」と願ってはいますが、暑い季節につめたい飲み物を飲みたくなるのは身体の自然な摂理でもあると思います。冷たい飲み物が絶対にダメという事ではなくて、せめて三日月いる時くらいは、身体に良い飲み物を…そんな想いで夏でも温かいお茶をお出ししています。

もしご希望がありましたら、常温のお水もご用意できますので、お気軽にお申し付け下さい。暑い時、「冷たい物を飲んでも乾きが潤されない。」という時は、ぜひ温かい飲み物を試してみて下さい。不思議な事に、喉が潤されますよ。
            
ところでこのお茶、色々な味を日替わりでご用意しているのですが、まだ飲んでいないお茶はありますか?「私、なぜかいつも同じお茶です。」という方もいるかもしれませんね。次回ご来院の際はどんな味が当たるか楽しみにしていて下さいね♪

茶お茶

コメントを残す