テニス肘、ゴルフ肘などの肘痛のヒント

こんにちは。鵜飼です。今日のヒントノートは

テニス肘、ゴルフ肘などの肘痛

について考えてみました。

●どんな症状が出る?
○上腕骨外側上顆炎(バックハンドテニス肘)
 上腕骨外側上顆の痛み・炎症
 手首の背屈・回外時の痛み 
  例:タオルを絞る・ドアノブをまわす・フライパンを持つ
    辞書のような本をつかんで持ち上げる。雨戸の開閉

○上腕骨内側上顆炎(フォアハンドテニス肘・ゴルフ肘)
 上腕骨内側上顆の痛み・炎症
 ゴルフスイング時の利き腕、肘内側部分の痛み

  ○野球肘
   肘関節痛、前腕痛、肘関節の可動域制限

●これってどういうもの?発生経緯や原因などは何?
  ○上腕骨外側上顆炎
   中高年でテニスを始めたばかりの人に多くみられる。
   前腕伸筋群の障害
   テニス肘ではバックハンド型割合が多い

  ○上腕骨内側上顆炎
   フォアハンドテニス肘
   テニス上級者に見られることが多く、ボールにスピンをかける際に起こりやすい
   前腕屈筋群の障害

   ゴルフ肘
   スイング中のダフリなどで、前腕屈筋群が障害される。

  ○野球肘
   少年期では離断性骨軟骨炎
   成年期では肘関節周囲の軟部組織の炎症
   投球後に肘内部の骨が強くぶつかり、結果軟骨、靱帯、腱、神経などに障害が出る。
   ロッキング(伸展制限)
●治療はどうやってやる?
  ○上腕骨外側上顆炎
   安静、テニスの休止、消炎鎮痛薬、ステロイド注射
   鍼灸治療(曲池、手三里、温溜 等)

  ○上腕骨内側上顆炎
   安静、テニス・ゴルフの休止、消炎鎮痛薬、ステロイド注射
   鍼灸治療(少海 等)

  ○野球肘
   安静、投球の禁止、肘・手関節周囲の筋力強化
   鍼灸治療(少海 等)

●ホームケア・患者様で対応できる改善方法は?
肘の痛みについては全て安静にすることが重要です。
痛みが出た場合は無理に動かしたりせず安静に冷やすことが大切です。

●今後、どうなっていく?
  症状によりますが2~3ヶ月しっかり休止していれば痛みも軽減し、
また以前のように楽しくスポーツができると思います。

コメントを残す