生理痛 のヒント

まやです。こんにちは。今日のヒントノートは

「生理痛」

について考えてみました。

●どんな症状が出る?
生理痛(月経痛)…月経に伴って起こる下腹部などの痛みのことをいいます。
プロスタグランジンの分泌により、子宮や周りの血管が過剰に収縮することで、頭痛、腰痛、倦怠感、吐き気、下痢、下腹部痛、腹痛などが悪化します。

●これってどういうもの?発生経緯や原因などは何?
月経直前から前半まで、プロスタグランジンホルモンが急激に増えます。
  プロスタグランジン…月経周期に合わせて、子宮内膜から分泌します。
    ・子宮の収縮を促して、経血をスムーズに体外に出す働きがありますが、量が多
     すぎると収縮が強くなり、痛みを伴います。
    ・痛みの閾値を下げて、炎症を引き起こす作用もあります。
    ・平滑筋(子宮以外には気管支、血管)の収縮作用もあります。
    ・血圧が低下することもあります。
ホルモンバランスが崩れることで起こる骨盤内のうっ血も原因のひとつ。
自律神経の乱れも原因。

●治療はどうやってやる?
瘀血、自律神経調節の改善を図る。
気海、関元、血海、足三里、三陰交を取穴。

●ホームケア・患者様で対応できる改善方法は?
体を冷やさないようにする(体を締め付ける服装を避ける、靴下を履く、冷房をつけすぎないようにする)
ストレスを溜めないようにする
適度な運動を行う
規則正しい生活を行う(バランスの良い食生活、充分な睡眠)

●今後、どうなっていく?
比較的良好 

コメントを残す