変形性足関節症 のヒント

こんにちは。鵜飼です。今日のヒントノートは

「変形性足関節症」

について考えてみました。

●どんな症状が出る?
  足関節の変形 腫脹 可動域制限
  熱感 圧痛
  軋轢音(ギシギシ、ゴリゴリという音)
  

●これってどういうもの?発生経緯や原因などは何?
  進行性の退行性疾患
   加齢
   関節軟骨のすり減りなどが主な原因
  
外傷によるもののほうが多い。
   大部分は足関節の脱臼・骨折・靭帯損傷
   その他、感染症・麻痺・関節リウマチなど

●治療はどうやってやる?
  初期・・・足底板装具
  足底板が無効な場合は外科手術

●ホームケア・患者様で対応できる改善方法は?
  サポーター 湿布薬 鎮痛薬
正座をなるべく避ける

●今後、どうなっていく?
  特に生命にかかわる事はありませんが、変形した骨は元には戻りません。
  初期段階であれば足底板などを使用することによって痛みを軽減できます。
  
初期段階であれば足底板などを使用することによって痛みを軽減できます。

コメントを残す