薬 のヒント

medical-pills

藤井です。こんにちは。三日月では、患者さまとの問診の中で、ふだんお飲みになっているお薬などについてもお聞きしています。今日のヒントノートは「薬」について考えてみました。

○ボルタレン      
どういう効能の薬?使用している患者様はどんな病気が考えられる?
炎症や痛みの原因とされるプロスタグランジンという生体内の物質ができる量を減らすことにより、炎症や腫れ、筋肉や関節の痛みを軽くします。
通常、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症などの鎮痛・消炎に使用されます。
速く効くのは『ロキソニン』、強く効くのは『ボルタレン』です。
実際、『ロキソニン』は速くて15分、遅くとも50分程度で鎮痛効果を発揮するそうです。

○ワーファリン
どういう効能の薬?使用している患者様はどんな病気が考えられる?
ビタミンKの働きを抑えて血液を固まりにくくし、血栓ができるのを防ぎます。
通常、静脈血栓症、心筋梗塞症、肺塞栓症、脳塞栓症、脳血栓症などの治療や予防に用いられます。
生活上の注意
納豆、クロレラ、青汁などビタミンKを多く含む食品、セイヨウオトギリソウはこの薬の作用を弱めますので、これらを食べたり飲んだりしないでください。
アルコールはこの薬の作用に影響を与えるおそれがありますので、過度の飲酒をひかえてください。
この薬の服用中は出血が止まりにくくなっていますので、ケガをするおそれのある仕事や運動などを避けてください。

○ノルバスク
どういう効能の薬?使用している患者様はどんな病気が考えられる?
アムロジピンという成分が配合されたお薬です。
効果は、心臓や体の血管を広げて血流をよくする働きがある為、高血圧の治療や心臓の収縮を抑えて心臓を休ませる働きもあるので、狭心症の治療にも用いられます。
また、脳や腎臓、目の網膜などあらゆる血流を改善させるので、様々な病気に応用されることもあります。
血糖や脂質、尿酸などに影響が出ないため、幅広い年代層に使う事ができ、特に合併症のある方には適したお薬と言えるでしょう。

○アムロジン
どういう効能の薬?使用している患者様はどんな病気が考えられる?
【働き】
心臓や体の血管を広げて血流をよくします。そうすると血液の抵抗が減り、血圧が下がります。また、心臓の収縮をおさえて、心臓を休ませる働きもします。
おもに高血圧や狭心症の治療に使用されます。血圧を適切にたもつことは、将来起こるかもしれない脳卒中や心臓病、腎臓病を防ぐことにつながります。
そのほか、脳、腎臓、手足、目の網膜など体全体の血流を改善するので、いろいろな病気に応用されることがあります。
【薬理】
血管壁の細胞にカルシウムが流入すると、血管が収縮し血圧が上がります。このお薬は、カルシウムが細胞内に入るのをおさえます。その結果、血管が広がり血圧が下がります。このような作用から「カルシウム拮抗薬」と呼ばれています。

○メバロチン
どういう効能の薬?使用している患者様はどんな病気が考えられる?
血液中のコレステロールを減らすお薬です。
通常、高脂血症、家族性高コレステロール血症の治療に用いられます。
作用
【働き】
高脂血症は、血液中のコレステロールや中性脂肪が多すぎる状態です。自覚症状がなくても、長い間に動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞の原因にもなりかねません。このお薬で血液中のコレステロールを低下させていれば、将来起こるかもしれない心筋梗塞の危険性を少なくすることができます。
心筋梗塞の多くは、プラークという血管のコブが破れ血管が詰まることで起こります。このお薬でコレステロールを十分に下げてやると、プラークが安定し破れにくくなります。心筋梗塞をすでに起こしたことのある人は、再梗塞の予防につながります。

【薬理】
肝臓でのコレステロールの合成をおさえます。悪玉コレステロール(LDL)が減少する一方、善玉コレステロール(HDL)はむしろ増加します。
血中脂質動態を改善することで、動脈硬化の進展を抑制します。

○グルコバイ・ベイスン
どういう効能の薬?使用している患者様はどんな病気が考えられる?
グルコバイとは、アカルボースという成分を含んだ糖質吸収抑制機能を持った糖尿病の人のための薬です。
グルコバイの効果効能
小腸粘膜絨毛膜に存在するグルコアミラーゼなどの酵素を阻害する作用があります。
このほかには膵臓や唾液のアミラーゼを阻害する作用もあるので、食事の後の急激な血糖上昇を抑える効果があります。
従って一般的には糖尿病の人の食事の後に起こる過血糖の改善の薬として使われています。

ベイスン 炭水化物をブドウ糖に分解する酵素を阻害し、小腸からのブドウ糖の吸収を遅らせます。
糖尿病・耐糖能異常により食後血糖値が急激に上昇するのを抑えます。
通常、糖尿病の治療、耐糖能異常における2型糖尿病の発症の抑制に用いられます。

○アクトス・アマリール・オイグルコン・ダイアグリコ
どういう効能の薬?使用している患者様はどんな病気が考えられる?
アクトス
インスリンの働きを高めることによって、高血糖を改善します。
通常、2型糖尿病の治療に用いられます。
アマリール
主に膵臓に作用しインスリン分泌を促進します。
通常、2型糖尿病の治療に用いられます。
オイグルコン
膵臓に作用し、インスリン分泌を促進して、血糖(血液中の糖分)を下げます。
通常、インスリン非依存型糖尿病(ただし、食事療法・運動療法のみで十分な効果が得られない場合に限る。)の治療に用いられます。

コメントを残す