手の痺れ のヒント

あづみです。こんにちは。今日のヒントノートは

「手の痺れ」

について考えてみました。  

●どんな症状が出る?
障害されている神経の走行に沿った痺れ感、疼痛、知覚障害、筋力低下、筋委縮、運動障害が起きる。

●これってどういうもの?発生経緯や原因などは何?
神経の絞扼などで障害を受けることにより、痺れなどが出る。障害を受ける神経や部位によって、痺れの出る部位が変わってくる。

●手根管症候群
手根管で正中神経を圧迫することにより起きる。特発性が多く、他の原因としては使用過多、骨折、腫瘤、肥満、妊娠、糖尿病、関節リウマチなどによるものもある。
痺れ、疼痛があり、夜間~明け方に増強する傾向がある。母指球筋の萎縮、母指対立筋の運動障害、猿手変形が出てくる。検査としてはファーレンテスト・チネル徴候がある。

●橈骨神経麻痺
橈骨神経の圧迫や骨折により起きてくる。手背や前腕の橈側に痺れが出てくる。手関節の背屈ができなくなるため、下垂手を生じる。他にも母指の伸展や指節間関節(IP)・中手指節関節(MP)での伸展ができなくなる。

●尺骨神経麻痺
絞扼性の神経障害が多く、肘部管症候群、尺骨神経管症候群とある。上腕骨外顆骨折による外反肘・上腕骨顆上骨折による内反肘などでは症状が出やすい。手の巧緻運動の障害が出てくる。これは尺側手根屈筋、深指屈筋(中・環・小指)、小指外転・対立筋、母指対立筋、骨間筋群の麻痺によって生じてくる。
また鷲手を生じ、中手指節関節の過度の伸展拘縮、指関節が屈曲する。そのため、把持動作の障害が起きてくる。

●胸郭出口症候群
腕神経叢の圧迫により、上肢支配領域の痺れ、放散痛などの知覚異常、筋力低下が伴い、動静脈の圧迫により、橈骨動脈の拍動減弱、浮腫、冷感、チアノーゼが伴う。
ジャクソン、スパーリングテストは陰性となる。

頚肋症候群
頚肋(第7頚椎の異常な横突起)により、血管、神経が狭窄された状態。
レントゲンによる診断。

斜角筋症候群
前斜角筋と中斜角筋との間を通っている血管、神経が狭窄された状態。
アドソン、モーレイ、アレンテストにより判別。

肋鎖症候群
第一肋骨と鎖骨の間で血管、神経が狭窄された状態。
エデンテストにより判別

過外転症候群
上肢を外転したときに烏口突起と小胸筋により腕神経叢と腋窩動脈が狭窄された状態。
ライトテストにより判別。

●頚椎椎間板ヘルニア
椎間板が退行変性して繊維輪の断裂を起こして髄核が脱出したり繊維輪の一部を後方や後側方に突出させて神経後根や脊髄を圧迫する。肩甲骨付近や肩~腕にかけてでの疼痛、痺れ、知覚障害、脱力、筋萎縮の症状が出る。交通事故などの外傷により発生することが多い。
●頚部変形性脊椎症
頚椎の椎間板の変性により、神経根の圧迫で生じる。原因では老化や退行変性によるものが多い。後根の圧迫で上肢の痺れ、知覚鈍麻、疼痛、前根の圧迫で上肢の脱力、筋萎縮が起こる。
まれに脊髄圧迫症状が出ることもあり、下肢の痙性歩行、知覚障害、膀胱直腸障害を生じることもある。

●治療はどうやってやる?
絞扼部位への刺鍼。また周辺の筋緊張の緩和を図る。

●ホームケア・患者様で対応できる改善方法は?
温熱療法として患部を温める。(また冷やさないようにする)
筋力をつける(筋強化運動)
胸郭出口症候群ではもともと首の長い体型で起こりやすいため、牽引療法は悪化させることが多いので避ける。

●今後、どうなっていく?
比較的予後良好。
重症の場合だと観血的療法を行う場合もある。

コメントを残す