冷え性 のヒント

まやです。こんにちは。今日のヒントノートは

「冷え性」

について考えてみました。

●どんな症状が出る?
腰部、上下肢、腹部などの冷えと疼痛が伴うこともある
月経不順、月経痛、閉経、不感症など引き起こすこともある
舌診:暗または瘀点があり、滑白苔
脈診:沈弦/緊

●これってどういうもの?発生経緯や原因などは何?
身体の特定の部分だけが特に冷たく感じることをいいます。
「女性に多く見られる」というが、これは月経時や産後に不注意でいると寒邪を受けやすいことも原因の一つであるといわれています
内因…陽虚。血行が悪くなるので寒湿が侵入しやすい状態になります
外因…冷房や寒湿
寒は収引性の作用があり、湿は粘滞性の作用があるので、寒湿の停滞でも血行が悪くなり、瘀血を形成しやすい状態になります

●治療はどうやってやる?
(陽虚であるので)陽気を回復させること、寒湿を除去させること、瘀血の改善をはかることを行う
至陽、膈兪、腎兪
上膠、次膠、中膠、下膠
膻中、気海、関元
三陰交、陽陵泉

●ホームケア・患者様で対応できる改善方法は?
冷房に気をつける
靴下、腹巻などで体温を調節する(ただし、汗をかくようなら逆効果になることもあるので注意が必要)

●今後、どうなっていく?
良好

コメントを残す