捻挫 のヒント

あづみです。こんにちは。今日のヒントノートは「捻挫」について考えてみました。    

●どんな症状が出る?
自発痛や圧痛、腫脹、疼痛による運動制限、関節の異常可動性を伴う。
また関節の不安定性や関節血腫を感じることがある。

●これってどういうもの?発生経緯や原因などは何?
関節に外力が加わったことで、関節の可動域を超えた動きをしてしまうことで起きてくる関節包や靭帯などの軽い損傷。関節支持組織である関節包や靭帯などの損傷のみで、骨や軟骨の損傷は基本的にはない。また関節面の相互関係は正常に保たれた状態をいう。
特にスポーツ外傷で多くみられる。発生部位では足関節、膝関節、肩関節、肘関節、手関節、指関節の順に多くみられる。足では前距腓靭帯の損傷が多く、後距腓靭帯のこともある。捻挫は可動域の狭い関節に起きやすい。膝では内側側副靭帯や前十字靭帯などが多い。
また重症度で分類される。
Ⅰ度 靭帯損傷なし、腫脹・疼痛が軽度
Ⅱ度 靭帯部分断裂、腫脹・疼痛が中度
Ⅲ度 靭帯関前断裂、腫脹・疼痛が重度

●治療はどうやってやる?
急性期は応急処置としてPRICEを行う。
Protection Rest Ice Compression Elevation
損傷部位への鍼、灸を行う。

●ホームケア・患者様で対応できる改善方法は?
固定中もできる限り筋力強化に努める。
固定している以外の部位ではできるだけ動かすようにし、荷重も可能な限り行うようにする。

●今後、どうなっていく?
予後良好。重度のものでもきちんと治療(場合によっては観血的治療)を行えば予後良好。

コメントを残す