ヘルニアのヒント

まやです。こんにちは。今日のヒントノートは「ヘルニア」について考えてみました。

●これってどういうもの?発生経緯や原因
ヘルニアとは…体内の臓器などが、本来あるべき部位から「脱出・突出」した状態を指します。
体腔内の裂隙に入ってしまったものを内ヘルニア、体腔外に逸脱してしまったものを外ヘルニアと呼びます。
一般的に多いヘルニア:鼠径ヘルニア(脱腸)、臍ヘルニア(出臍)、椎間板ヘルニア
※椎間板ヘルニアとは…椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態のこと。人間は二足歩行なので、脊椎は重力と並行方向になります。そのため、立位では椎間板に多くの負担がかかることになります。発生場所はL4~L5、L5~S1が最多です。高齢者になると下位頚椎の可動域が減少するのでヘルニアが起こりにくくなります。言い換えれば良く動く脊椎の部分でヘルニアが起こりやすいといえます。

●症状
片側の下肢痛が多い。これは神経根の圧迫により生じます。
巨大、または中程度であっても真後ろに突出したヘルニアの場合は両側の下肢痛が生じます。
腰痛、下肢の疼痛、しびれが主な症状で、場合によっては大きな浮腫(足があげられないくらい重くなることもあります)、感覚障害、運動麻痺による筋力低下、痙攣、まれに排尿障害が起こることもあります。

●ツボと治療方法
大腸兪、腎兪、志室、殷門、委中、照海、曲泉など
腰腿点…手の甲側の示指・中指間と薬指・小指間。骨の分かれ目のところ

●ホームケア・患者様に心がけて頂きたいこと
股関節周りの筋肉(ハムストリングや腸腰筋)のストレッチや腰痛体操(マッケンジー法:腰を反らす)も効果的と言われています。

●今後の展望・経過の見通し
保存療法で効果がでない場合は手術になることもあります。

コメントを残す