肉離れのヒント

あづみです。こんにちは。今日のヒントノートは「肉離れ」について考えてみました。

●どんな症状が出る?
疼痛と腫張、機能障害を伴う。受傷の程度は3段階。

・軽度
微小の断裂が起きた状態。痛みはあるが動くことは可能。

・中程度
一部の筋肉の断裂、筋膜損傷、また皮下出血が起きた状態。自力で動くことが難しい状態。

・重症
激しい痛みと共に、筋肉の部分断裂が大きく、触ると陥没する。
自力で動くことはほぼできない状態。

●これってどういうもの?発生経緯や原因などは何?
筋肉が瞬間的に過度に収縮し、筋細胞、筋膜が急激に引き伸ばされることで、筋肉に部分断裂を引き起こすことによって起きる。
骨格や筋肉が完成し始める高校生以上で発生が多い。
また20歳を過ぎてくると筋肉や腱の柔軟性が徐々に落ちてくるので、肉離れを起こしやすくもある。
肉離れを起こしやすいスポーツとしては、陸上競技(短距離)でハムストリング、サッカーで大腿四頭筋、バレーボールやバスケットボールで腓腹筋などが損傷しやすい。
ダッシュやジャンプなど瞬発的な動作をするスポーツで起きやすくなっているので、幅広いスポーツで起きてくる。

●治療はどうやってやる?
受傷直後はRICE処置(安静、冷却、圧迫、挙上)を行う。
その後2、3日後熱感が引いてから温熱療法を始める。鍼灸もこの時期から循環改善や痛みや筋緊張の緩和として開始する。

●ホームケア・患者様で対応できる改善方法は?
最初の治療段階で運動やストレッチをやり始めると、肉離れの部位が拡大してしまうこともあるので、治療し痛みが完全になくなるまでは運動やストレッチは控える。

●今後、どうなっていく?
軽度で2~3週間。中程度で1ヶ月、重症だと2~3ヶ月ほど。
人により個人差が出てくる。

コメントを残す