坐骨神経痛のヒント

まやです。こんにちは。今日のヒントノートは「坐骨神経痛」について考えてみました。

●これってどういうもの?発生経緯や原因
腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」が色々な原因によって圧迫・刺激されることで、痛みやしびれなどの症状が起こることを指します。
根性坐骨神経痛…腰椎の変性はL4・L5、L5・S1椎間板レベルの椎間孔付近で最も強く起こります。変性によって、このレベルを通過する坐骨神経の神経根が障害されて痛みが起こります。腰椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、腰部脊柱管狭窄症などがこれにあたります。

●症状
神経走行に沿った下肢へ放散する痛みやしびれ(ただし梨状筋症候群でも似たような症状が起こります)。
脊柱管狭窄などにより、馬尾神経に影響が及んだ場合には、間歇性跛行などの馬尾神経症状が加わります。
また、知覚障害、アキレス腱反射の減弱、SLR陽性など見られます。
*SLRテスト:患者を仰向きに寝かせ、膝を伸ばした状態で足を少しずつ上げていくと痛みが出る

●ツボと治療方法
障害神経根付近の循環改善、臀部や下肢の疼痛部位の鎮静を目的に、腰臀部・下肢の反応点を中心に取穴していきます。
脾兪、胃兪、腎兪、志室、大腸兪、胞肓、殷門、承筋、陽陵泉、足三里など

●ホームケア・患者様に心がけて頂きたいこと
正しい姿勢を保つ、冷えを防ぐ、肥満に注意など、生活習慣の見直し。腰臀部のストレッチをする。

●今後の展望・経過の見通し
比較的良好です。
ただし脊柱管狭窄は重症化すると脊髄病変に進行し、悪化すると下肢の運動神経麻痺が発生するので、早期発見・早期治療が大切です。

コメントを残す