風邪に鍼灸!?

ローラー鍼

こんにちは。院長の坂井です。今回は、先日行った関西で感じた事について、お伝えしたいと思います。テーマは「関西の方が関東よりも鍼灸が浸透している!」です。

関東では、風邪を引いた時などは「風邪を引いたから今日は治療をお休みします」と言う方が多いのですが、関西では、「風邪を引いたので、今日は治療をしてください」となる患者様も多いとか。

鍼灸は元々関西の方が盛んでしたから、歴史の違いなんでしょうね。ちなみに、三日月でもここ最近、少しづつ風邪の症状への治療が増えてきました。寒気やノドの痛み、咳などは鍼灸の適応なんですよ!

話を戻しますが、子供に対する小児鍼 についても、関東よりも関西の方が浸透していると。具体的にはお子様連れの患者様がいらっしゃった時に、お子さんが泣き出したりしたら、すかさず小児鍼のローラー鍼などを出して、泣いているのをなだめるとか。今まで、夜泣き、疳の虫などには小児鍼が効くと聞いていましたし、私自身も自分の子供にも何度かやったことは有りましたが、通常の泣いている状態で行うとは、思いませんでした。

今後は三日月でもお子様連れの方が来た時には、取り入れていこうと思います。関東で小児鍼をやっている先生もいらっしゃいますが、あまり多くは無いですよね。でも小児鍼の可能性には私も一目置いていますので、今後いろいろ調べて行きたいと思いました。

私としましては今現在感じている不満?が、「鍼灸がラストチョイスである」ということ。今後は「ファーストチョイス」になり、「ちょっと具合が悪いから鍼灸院へ。」という世の中にしていきたいですね。そして鍼灸の適応でなければ、内科や整形外科など、適切な医療機関へご紹介。だって、風邪だって、膝や腰の関節の痛みだって、なんだか分からないダルさだって、鍼灸の適応なんですから!

そんな事を感じた関西遠征でした。

みなさん、風邪にも鍼灸って知ってました?あ、でもインフルエンザなどのウィルス系は効果が期待できません。疲れて免疫が落ちた時の風邪などは効果的です。今度ぜひお試し下さい!!

画像は、小児鍼として有名な刺さない鍼、ローラー鍼です。三日月では、東洋アイヘッドセラピーでおでこにコロコロして使っています。
ローラー鍼

2 comments

  1. Pooh2002
    2014年12月22日 at 11:07 PM Reply

    いつもありがとうございます。

    鍼灸の浸透にも、地域差があるのですね。
    ブログを拝見しながら、鍼灸の歴史を紐解くと興味深そうだなぁと感じてしまいました。

    私は、常に、オンリーチョイスです。
    三日月に行けば、何とかして下さるだろう…と、他のことを考えたことがありません。
    三日月と出会う前は、どうしていたのかしら?と考えてしまうくらい、今の私には、三日月は大切な場所です。

    これからも、よろしくお願いします♪

    • 3moon
      2014年12月26日 at 1:36 PM Reply

      Pooh2002さん、三日月の裕子です。いつも定期的なご来院ありがとうございます。そして、コメント嬉しいです!ありがとうございます。

      おっしゃる通り、鍼灸の浸透には地域差があるようです。出身の鍼灸学校によって学んでくる内容も、その人その人によって様々です。

      Pooh2002さんも、三日月にいらっしゃる前までは、鍼灸は未体験でしたね。少しは白岡にも鍼灸が浸透したかしら・・・?

      私たちも、Pooh2002さんに元気をもらっています。こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪

コメントを残す