秋色に模様替えしました♪

0912hw3

こんにちは。裕子です。すっかり秋ですね。東洋医学では、秋の三ヶ月間を収穫を意味する「容平」と言うそうです。

今まで咲いていた花も実を結び、翌年のために生命力を種の中に収めるこの時期。人間の体にも同じ働きがあり、「気」の流れの勢いも外向きから内向きに変化すると考えられています。そのため、体の防衛力が弱くなると言われています。

また、朝晩冷えるようになると、夏場に活発に活動していた表皮が閉じ、その分気管や鼻に負担がかかるようになります。 秋の風は乾燥していて、のどや鼻の粘膜を傷つけやすいので、鼻炎や喘息、風邪の原因となります。秋に風邪をひきやすいのはこのためです。この季節は、薄着をして体の熱を逃がしすぎないように気をつけましょう。

と書きながら、先々週先週は、私も子供たちも、風邪っぽかったり、どことなく調子が悪かったような。うーん、気をつけたいものです。

秋は、心を安らかにし穏やかに過ごすと良いと考えられているそうです。早寝早起きを心がけ、気や体力を消耗するような過ごし方は控えましょう。秋に心身が疲れると、秋の気である肺気が痛み、冬に体調を大きく崩しやすくなります。

なるほど、なるほど、食欲の秋は栄養のあるものを食べて早寝早起き、読書の秋で心や知恵を穏やかに養い、冬に備える。というわけですね。

体調崩しやすいこの季節、みなさんが穏やかに、気や心を養えますように、三日月の院内も秋色に模様替えしました。

東洋医学の話をしながら、ハロウィーン?和洋折衷もありですよね。三日月院内のどこにあるか、ご来院の際に探してみてくださいね。

0912hw3 0912hw2 0912hw1

コメントを残す