今月のツボ! vol.93 ●お腹の張り●

tyuukan

こんにちは!三日月鍼灸指圧院です。
涼しくなり、冬ももうすぐそこですね。
今回は食欲の秋に押さえておきたい、「お腹の張り改善」に効果的なツボをご紹介します。
お腹の張りは、腸内のガスが溜まったり、便秘、冷え、食べ過ぎなどが原因で起こります。
また、近年では『噛みしめ呑気症候群』も増えています。
この症候群はストレスや緊張がもたらす心身症状の一種。
人は緊張やストレスにさらされると無意識のうちに唾液を飲み込みます。
それによって空気も一緒に飲み込んでしまい、胃腸に空気が溜まり、お腹が張ってしまうのです。
中カン(ちゅうかん)
tyuukan
消化機能を整える。
おへそとみぞおちの中間にあります。
大巨(だいこ)
daiko
消化器の不調を治し、お腹の張りをとる。
おへその外側へ指幅2本分のところから、さらに指幅2本分下のところです。
気海(きかい)
kikai
ストレスを和らげ、お腹の緊張を解く。
おへその真下、指幅2本分のところです。大巨の間にあります。
【お腹の張り改善方法】
①酸っぱい物を食べる。
クエン酸によって腸内の悪玉菌の増殖を抑制しガスの発生が抑えられます。
②服装に気をつける。
ベルトなどでお腹を締め付けることで、ガスが出にくくなってしまいます。
また、お腹が冷えると腸の動きが悪くなりますから、できるだけお腹まわりは温かくしましょう!

コメントを残す