おりこうタヌキ

裕子です。
「このモンドコロは目が入るのか!?」が7月で3歳になった長男の流行です。
モンドコロが目に入っても、モンドコロに目が入っても、どっちも嫌だなぁと思ったりしました。
さて、今日はタヌキのお話。
近所の空き家にタヌキが住み着いているという噂を聞いて、見に行ってみました。
とは言っても、いきなりご対面して飛び掛られたりしたら怖いので、道路側からこっそりと。
すると、草ぼうぼうの中に、ネズミ捕りのような仕掛けがおいてあります。
バナナがぶら下がってはいるものの、中は空のようです。
家の中に入るのかなぁ・・・と視線を動かそうとしたその時、
仕掛けのオリの隣で、スヤスヤと丸くなって眠る猫?
いや、猫よりは大きく、犬?いや、もっと毛の長い・・・タヌキ!かな?
顔は良く見えないけれど、きっとあれが噂の主。
しかし、オリの隣で眠るなんて、堂々としたもの。
「こんな仕掛けに捕まるもんか。」なんて思っているんでしょうかねぇ。
実は、私は動物が苦手です。犬も。猫も。
だって、なんだかみんな、「お前の心の中なんてお見通しさ。」というような顔で私を見るんですもの・・・。

コメントを残す