提灯祭

皆さんは久喜の提灯祭りに行ったことありますか?
生まれも育ちも久喜な私はほぼ毎年行っています♪(^O^)
堤燈祭りは天明3年、浅間山大噴火によって大きな被害を受けた人々が、これから立ち直ろうと本町の宮本家の祭礼用山車を借り、町内を引き回したのがはじまりといわれているそうです。
山車は「本一」「本二」「本三」「新一」「新二」「仲町」「東一」の全部で7台。山車の中で奏でられるお囃子はそれぞれ違ったメロディーで、笛の音色もちょっと違うんですよ。
昼は『人形山車』として2メートル近くある大きな人形を乗せ町を回り、夕方になると400個もの提灯を付け『提灯山車』になります。
職人さんによって作られる提灯はなんと1個5000円!!
伝統を守り、電気ではなくロウソクで明りを灯す提灯はとても風流です。
たまに提灯が燃えてしまったりして危ない時もありますけどね(^_^;)
夜は山車を猛スピードで引き回し、十字路で提灯の部分をぐるぐる回したり、他の山車とぶつけ合ったりして大迫力ですよ!!o(・ω・´*)
18日もお祭ありますので、ぜひ来てみて下さいね♪

コメントを残す